So-net無料ブログ作成
ライトノベル ブログトップ

自分探しの旅というけれども、そこに自分(あなた)はいません。だけれども。 [ライトノベル]

年末の業務繁忙のピークが一段落したので、「シンフォギアLive2018」にJR東日本の週末パスを
利用して参加しました。
すみません、冒頭に書いておいてなんですが、Liveの感想については後日書きたいと思います。

というのも、自分探しの旅・・・というフレーズがありますが、自分に限っては北海道
にいっても、京都に行っても、まして1伯2日で東京に行ったところで、自分が
劇的に変わった経験がなく、これからもないであろうということを強く再認識したからです。

自分を本当に変えたいのなら、普段の積み重ねが重要で、そこからしか変わり様がありません。

なんてことを突然言いだしたのも、旅行先で時間が空いたのでたまたま時間が空いていたので、
書店に入ったところ、アニメ化作品特集のポップにあった「りゅうおうのおしごと!7 著:白鳥士郎」を手に取ってとても感動したから、ということです。

本作は、美少女の表紙に騙されて読まないのはとてももったいない将棋界をテーマにした骨太な良作です。
今刊では、主人公の名人戦(順位戦)の昇級と主人公の師匠の降級が主要なテーマになっている
のですが、人生を勝負の連続に例えるならば、そのエッセンスがギュギュっと詰め込まれています。

PC(AI)を利用した研究への信頼と反発、老いへの焦燥と若さへの嫉妬、変化に乗れる者、
乗り切れない者(恐れる者)、経験の陥穽と再発見。
クライマックスは、主人公の親友で勝率トップの若手ホープと主人公の親友との長手数での
熱戦の行方。そこから、読み取れること、感じることは多いです。

これから、読まれる方に2つアドバイスを。
1.萌え系の表紙なので、書店ではブックカバーをつけてもらいましょう。
2.巻末の作者の謝辞・コメントのページの内容がとても素晴らしいので、文末までしっかり読みましょう。

旅では新しい自分(あなた)には出会えないけれども、新しい良書には出会えるそう感じた小旅行でした。
新刊が久しぶりに楽しみな作家に出会えて幸福です!!


▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
ライトノベル ブログトップ