So-net無料ブログ作成
漫画(青年コミック) ブログトップ

個人的なコンビニの楽しみについて [漫画(青年コミック)]

皆さんは、コンビニに入ったらまず何に目を向けますか?
ドリンクを買う人、お弁当を買う人、スィーツを買う人エトセトラ・・・
僕的にお勧めするのが雑誌コーナーの横にある500円代のお得版漫画コーナーです。
季節ごとのおススメの食材等をテーマにしたグルメコミックあり、メディアミックスしているコミックスあり
何かしら新しい発見があります。
世の中の流れ的なものを安価で感じられるお得スポットだと思っています。

個人的にお勧めのコミックを2冊ほどご紹介します。
1.「酒のほそ道 著:ラズウェル細木」
主人公の中年サラリーマン岩間宗達が(無駄に!?)こだわりのある酒を中心とする生活を描いたものです。各話ごとの後書きに簡単にできる美味いレシピが乗っている点もおススメです。
”島耕作”的なできる主人公でもない俗な主人公の徒然的な日常が描かれていて、旅に出るときや心が
荒れていている時に癒さるんですね。荒れている時に立派な主人公なんていらないんです!!

2.「江戸前の旬 著:九十九森(原作)、さとう輝(劇画)」
銀座柳寿司3代目の柳葉旬が寿司を通して、人間的に成長する物語です。
魚に関する知識や地域的な穴場グルメの情報、地域の文化をユーモアを交えて伝えてくれる”大人の教科書”だと
思っています。うん、何か明日も頑張れそうだーという気にしてくれる佳作です。

たまには、スキマ時間を500円で豊かにしてみませんか?








勉強のため、ブログランキングに参加しました。 よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
漫画(青年コミック) ブログトップ