So-net無料ブログ作成

火のご馳走 [日常]

連日寒い日が続きますが、皆さんお元気でしょうか?
私は朝晩、仕事場へブルブルしながら通っています。
東北では、火のご馳走(冬の何よりのお持て成しは、暖かさであるということ)という言葉があります。
雪かき後の、仕事場で飲むインスタントのブラックコーヒーのなんと美味いことか。

春は百花有り秋は月有り、夏は涼風あり冬は雪有り(宗・無門和尚・頌)
-利害得失などの俗念を脱却すれば、心は常に安らかな喜びに満たされるということ。
やくたいもない煩いから追い払ったなら、人生もこの四季と同じく、絶えざる興趣に満ちたものとなる-

冬ならではの、何でもない楽しみが確かにココにあります。


それでもツルツルの路面が怖いです・・・・
春よ来い。早く来い!!

▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

志だけでも高く。 [漢詩]

世の中がどう動こうとも一本筋の通った生き方をして生きたいものです。
そうでなければ、生まれた意味さえ分からなくなりそうで、生活に張りがなくなります(苦笑)
そんな時に、この漢詩を思い返します。

挙世 皆濁り、我れ独り清めり。衆人 皆酔い、我れ独り醒めたり。
(『楚辞』・漁夫)

-世の中すべて濁っているなかで、私ひとりが澄んでいる。人々全てが酔っている中で、私ひとりが醒めている。-

この漢詩の作者、屈原(春秋戦国末期の楚の名外交官)は秦の謀略と政敵の蠢動により、石をもって故国を追われた彼が河辺で詠った詩。

孤高であっても志だけはどこまでも高くありたいものです。

だから、時にこの詩をムショウに思い返すのかもしれないです。
今日も頑張りまっしょい!!


▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
タグ:ピンチ 漢詩
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

臨機応変に生きるということ。 [漢詩]

世の中、正しいと思っていても世の中に受け入れられないこと、
逆に理不尽だと思っていてもやらざるを得ないことが多々あります。
そんな時に、ピッタリの漢詩。

滄浪の水 清ませば 以て吾が纓を濯う可し。 滄浪の水 濁らば、 以て吾が足を濯う可し。 (『楚辞』漁夫)

世の清濁に応じて推移するという融通無碍な生き方の主張。
-滄浪(中国南部の川の名)の水が澄んでいるときは、冠のひもを洗うのが良い。
 水が濁っている時には自分の泥足を洗うのが良い-

みんな何かと折り合いをつけながら懸命に生きています。 最も愚かしいのは、懸命に生きる姿を、”自分の泥足”を洗わないのに、他人を聖人君子のように批判することだと思います。
ワイドショーの不倫報道を見てフト思いました。

▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
タグ:漢詩
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「女性専用の街」騒動は他人事で済まないかもしれない。 [批評]

最近、インターネット上で、とある「女性専用の街」に関する話題で盛り上がっています。
こころに引っかかって自分自身の考え方を整理するために簡単に意見・思考をまとめてみました。

◆「女性専用の街」騒動の概要をざっくりとまとめたもの
発端は、とあるユーザーがtwitter上で
「女性専用の街があったら夜の9時でも買い物に行ける。深夜早朝勤務もできる。なにより、ボーッとしながら散歩ができる。気を引き締めなくていいんだ、後ろ気にしなくていいんだよ、足音、自転車の車輪の音、バイクの音に振り返らなくていいんだよ。幸せすぎて涙出るね…。RT」
という発言をしたことに発します。(現在は非公開アカウント)
この発言を受けて、擁護派、非擁護派に分かれて発言がされています。
1.擁護派
「女性専用で安心する女性がいるのは事実なんだよね。だから女性限定アパートとかあるわけで」
「女性専用の街か 面白そうだな 社会実験として是非やって欲しい どんな感じになるのか気になる」
「これは住んでみたい…。用事があるときだけ外の世界(男女混合)へ行くとか超気楽そう…。 」

2.非擁護派
「労働人口が足りないし、少子高齢化が加速しますね」
「性犯罪率の低いこの国で、そんなにストレスを感じているとは大変ですね」
「変態にとっては女性しか居ない無防備な街なわけだ」

3.どちらでもない派
「女性の発言の意図を理解していない男性と 男性の尊厳を理解していない女性の闘い なんて醜いんだろうね」
「日本死ね」にも通じる話。あー怪獣になって暴れてーレベルの妄想に対して、
それだけ追いつめられている事は無視されてお前はそんなに街を破壊して人を殺したいのかと説教されてるような感じ」

◆今の日本人の非匿名時の発言には非寛容さが現れている?
日本人は比較的識字率が高くなった江戸期にもそれぞれ個々人の気持ちを狂歌・落首などで表してきました。
代表的なものは、
松平定信の政治を批判した「白河の清きに魚も 住みかねて もとの濁りの田沼恋しき」でしょうか。
これも発言主が特定されず、正面から松平定信を批判したものではありません。しかし、教科書にも掲載されるほど当時の
江戸市民の心映えを代弁したものだったのでしょう。

これが現在の日本のSNSで発信された発言だったらどうでしょうか?
上記の「幼稚園落ちた日本死ね」騒動の時にも非擁護派の意見に、「ワガママ」、「理解を求める人の言葉遣いではない」etc等の
発言がありました。

これを上記の「白河の・・・」に置き換えると、「汚職肯定」、「甘い汁をあなたも吸っていたんだろう」等の発言が飛び交うでしょう。
どうも、日本では非匿名時に発言する時に、「誰かに見られている」とか「客観的にみたらどう思われるだろう」等の視点が欠如して
と思われてなりません。日本人の性質を考えると、SNSを使う時に、顕名方式にした場合に発言内容がどう推移するか興味深いです。
より過激な発言が続くのでしょうか?当たり障りのないものになるのでしょうか?


◆社会構造の変化に戸惑っている人が多いのでは?
突き詰めて考えてゆくと、「ベビーカーを通勤時に乗せるのは常識的ではないという議論」等にも関係しますが、
超少子高齢化社会到来による「慢性的な労働力の逆ピラミット」、地方分権の不徹底による「人口の都市部への一極集中」、
他にも国際化による「成果競争主義の蔓延による価値観変換の過渡」等が根底にあるのではないのでしょうか?
なぜなら、女性だけの街を「東日本大震災(福島)からの避難者だけの街」や「性的マイノリティだけの街」に置換したとしても議論が成立するからです。

俯瞰して考えてみると、疲労し、戸惑い寛容性を失っている人が何て多いのだろうか(自分自身も含め)と愕然とさせられます。
一昔前にあったドラマの台詞「心にダムはあるのかい!?」というワードがなぜか心に染みます。
他者や少数派に優しい社会、他者の異見を意見として聞ける社会はどうすれば構築できるのか重い課題が残っています。


▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WindowsのUpdateも困りもの。 [日常]

つい昨日、同僚にPC(Windows10)の調子が悪く、業務アプリが起動できないということで相談を受けました。
具体的に話を聞いてみると、直前にWindowsの保留していたUpdateプログラムを実行したそうです。
なお、Update前などにバックアップはとっていないとのことでした。
さらに、PCの保障期限も経過しておりました。

色々考えた上で、次の対応をとりました。
1.セキュリティソフトを削除。
理由:ファイアーウォールのアクセスポリシーが書き換わって、業務アプリが起動できない可能性があるため。

2.WindowsUpdate前の状態に戻す。
理由:Windows10にしてから、Update後の不具合が騒がれることが多いため。
「スタートボタン」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」→前のバージョンの Windows 10に戻す」の項目の「開始する」ボタンを選択。
以降は、前のバージョンに戻す理由を色々質問されますが、無難な内容を選んでおけばOKです。

注意点としては、再ログイン時のIDおよびパスワードを控えておく、大事なファイルはUSBメモリ等に退避させておくことでしょうか?

3.Javaのバージョンを古いものに戻す。
理由:業務アプリが基本的にJAVAのインストールを基準に動いてるため。
インストールされていた最新のJavaをアンインストールし、業務アプリ配布時に一緒にダウンロードするように指示されていたバージョンのJavaを再インストールしました。

4.セキュリティソフトを再インストール
理由:これを忘れると別の意味でアウトなので、インストールしました。トロイの木馬怖し・・・

ここまでかかった所要時間が2~3時間程度、疲れました。


Windows10にしてから大規模アップデートは、いつもハラハラです。




▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0) 

朝の220円は高いか?安いか? [コーヒー]

このごろ、天候が不順なせいか、早めに出勤するようにしています。
しかし、朝の貴重な時間を仕事に費やすのは個人的に惜しいので、ドトールで
220円のモーニングコーヒーをいただくことを楽しみにしています。

流行りのコンビニコーヒーは一杯100円ですので、価格差にして120円ほど差があります。
(週5回×4週で、20×120円=2,400円の差。1年で48,000円。)

しかし、ただのモーニングコーヒーをいただくことが大切だと思うのは、
1.静かなスペースで心を落ち着かせることが大事。
いつもよりもせわしない時こそ、心と考えを整理することで仕事場へ気持ちを転換して
赴くことができるスペースを確保するのは大事。

2.朝活している人々を観察するのは楽しい。
他人がしている挙措には興味があります。特に一日のスタートで行っている行動(
読んでいる新聞の銘柄、朝帰りのカップルのささめき、人生の大先輩の気合の入った
注文の声)には、空想が広がります。
思うに、温かくリラックスしたスペースで空想を巡らすのは最高の快楽です。

少し温泉に浸っているのに似た気分でしょうか。

3.読書の時間にあてることができる。
10分~30分程度のすき間時間は、文庫本の読書に最適です。
できれば、一度完読した本を再読する時間にするのがおススメです。
区切りが付けやすいですしね!?

こう考えると、120円プラスしてもモーニングコーヒーを私はいただきたくなります。
みなさんは、この120円の差をどうお考えでしょうか?

さあ、楽しい金曜日の始まりです。頑張りまっしょい!!


▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
タグ: コーヒー
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大雪の危険性は、むしろ翌日あるいは翌々日が高い。(2) [日常]

昨日も寒かったですね。お疲れ様です。
雪道の歩行者側から見る怖さについて、本日もいくつか感じたので備忘的に書きます。

(1)疲れる・・・。
雪道で歩く場合には、普通以上に疲れます。
簡単に言えば、普段使わない筋肉および集中力を使っているので疲れるんです。
(雪国に住んでいる人間は、大なり小なり雪道で転倒して痛い目を見ているんで、トラウマがあります。)
そんな時に、雪がとけて安全圏に見える場所に大股で力一杯踏み込んだら・・・恐ろしい。
対策としては肉体・精神的にも疲労した状態で外を出歩かない。
気を抜くのは屋内のみということを心がけるということでしょうか。

(2)遊ばない!!
雪は美しく、ワクワクします。大人でもツルツルした階段や坂道に突っ込みたくなります。
これは心理的なトラップです(笑)
でもね、実際に階段をカッコ良く、スーッと通り抜けようとして骨折した大先輩を知っています。
かくいう、私は台車を使って、スロープを経由して書類を満載した台車を高速で通過させようとして、
尻もちをついたことがあります。当初はなにも無かったんですが、帰宅後着替えた時に、お尻から
腰に掛けて真っ青に痣になっていたことがあります。

好奇心ならぬ稚気は身を亡ぼすこともあるので、大人こそご注意を!!



ともあれ皆様、雪道にはくれぐれもご注意を!!
▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
タグ:危険 雪道
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大雪の危険性は、むしろ翌日あるいは翌々日が高い。 [日常]

仙台在住三十年の経験から思い返すと、雪が降った当日よりも翌日あるいは翌々日の
方が危険性が高い思います。
理由としては、
(1)シャーベット状になった道が怖い。
小股のペンギン歩きで歩いたとしても滑る時は滑ります。
せめて、手袋をして手を保護するとともに、(可能なら)荷物はリュックに入れて移動しましょう。
両手が自由となるとともに、転んだ時の緩衝材にリュックがなります。
スマホのながら歩きは厳禁です!!

(2)通行可能な道が道路であることが怖い。
道路の除雪は、自治体等により行われますが、歩道の除雪は全くといって良いほど進みません。
(商店などが密集する中心部を除きます)
必然的に車道を歩行者が歩くことになります。道路はツルツルです。
つまり、接触事故が発生する可能性がとても、とても大きくなるということです。

経験的に考えると、コンビニの駐車場が危険性が次いで高いように思います。
理由としては、狭い駐車場に車が頻繁に出し入れされるからです。
また、コンビニは生活の一部なので、歩行者も外出を控えることは難しいです。
もし、今日がチケットの振り込み期日だったとしたら、電球が突然消えたとしたら・・・

(3)ツルツルになった部分に雪が積もり、危ない。(まるでトラップ!!)
ある程度慣れていると、道の危ない箇所と安全な個所の見分けがつきますが、雪で覆われていると
見分けがつきにくく、安心して歩いていたのに、突然スッテンコロリンとなることがあります。
これは、避けがたいものですが、ある程度、氷がギザギザになっている部分を歩くことで
摩擦が生じて滑りにくい気がします。


ともあれ皆様、雪道にはくれぐれもご注意を!!
▼▼スマートフォンのみの広告▼▼



ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
タグ:危険 雪道
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

とあるサラリーマンの昼飯の心得(1) [ランチ]

昼飯に何をどのように食べるかで一日が決まる!!
そういっても過言じゃないと私は思っています。

(1)匂いのきつい食べ物はNG。
この時期、ニンニクやトウガラシの入ったラーメン、スープは体が温まり非常に良い。
しかしです!!食べている本人よりも周りに匂いは広がっています。
閉め切って、暖房の強い冬の仕事場なら、なおさらです。
意外な盲点として、カレーも周りの人間にとって爆発級の臭さになるので注意!!
女性の多い職場で、この禁を犯したならば・・・あ~怖い(苦笑)

(2)脂っこい食べ物は控えましょう。クリームも控えましょう。
特に体が冷えるこの時期には、お腹を壊しがち。油分の多いものは控えましょう。
甘いものが欲しい場合には、あんこ類や微糖の缶コーヒーで我慢しましょう。
中々来ない電車、バス。しかし、トイレは満室。まさに、地獄絵図です。

(3)汚れるものはNG。
例示でいうとシュガーラスクのような食べると、砂糖がボロボロこぼれ、キーボードの隙間ににINN!!
溶けたチョコレートが背広やワイシャツに着いたまま接客。相手方に指摘される赤っ恥。
チューブのように味噌汁をビニールから捻りだす際に、味噌が手についたまま携帯に触り、ベットリ。

フリーズドライは天使の福音です!!





全てとある30代の中年の経験談です!!
皆様も私の知人(!?)の失敗談を笑ってやってください。
しかし、うっかり繰り返さないように、くれぐれもご注意を。

レッツエンジョイ、ランチタイム!!エブリディ!!




ブログランキングに参加しました。よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
タグ:失敗 ランチ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

図書館へ本を返す時のもの惜しさ。 [日常]

このところ、積極的に図書館を利用しています。
理由はお察しの通り、経済的な理由です。
興味のある歴史小説は、電子書籍になっても1,500円を超えることが多々あり、
歴史小説というニッチなジャンルの所為か値下がりが、し難いのです。
図書の返却期限は2週間ですが、この年度末の2週間は時間が川の流れよりも早く流れてしまい、
時間を意図して作らないと完読なんてできません。

私も読書速度が速くないので、返却に行く前に残20ページなんてこともよくあります。
この時に感じる「俺のものなのに手離さなければいけない。なんて・・・」という
もの惜しさ。ちょっとへんな表現ですが、20年前のトレンディドラマの恋人のようです。

結局、図書館の休憩スペースで物凄い必死に読んでいる中年男がいるわけです。
はた目から見ると、目が血走っていて危ない人です(苦笑)

こうならないためにも、皆様は図書館からお借りする際には、読書計画も計画的に・・・




勉強のため、ブログランキングに参加しました。 よろしければ、投票お願いします。

人気ブログランキング
タグ:図書館
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感